ブルーアンバー

塩水にも浮く‥‥琥珀です(^^♪

硬度が2/2.5 とむちゃくちゃ柔らかい(笑)

だから水にも太陽光にも弱い!!

特定の地域にしかとれない希少なブルーアンバーですが

自然が作り出した芸術といいますかね。。。

何千万年という気が遠くなる長い年月をかけて硬くなった

樹脂の化石…なのです@@

この自然美があまりにもキレイなので

人間というものはね…欲深いもんで(笑)

同じもんを作り出せないだろうかって頑張っちゃってる人もいるんですよね

あ…これね、紫外線をあててるから青いのね

暗めの服に合うかもしれないね。目立つかもね。

業者さん画像のもので↑ AAA12mm前後となります(〃▽〃)

最近やたらとこの方が気になって仕方ないのよね

若かりし頃、琥珀の軽さ(目方ね)に驚いて…固定概念とはホントに悪いものでね

重くて綺麗で高価(貴重)だと良しとしていたところがあるキャ婆でございます

琥珀の良さなんてわかりゃしないただの良く深い人間よね

3000万年←3000万年って‥‥ジュラッシッックパークよね(;・∀・)

気になって地球年表見ちゃったわ(^^;)

広鼻小目(こうびしょうもく)って猿が居た時代だそうで(笑)

もうここまで行くとさ‥‥3000万年だろうが5000万年だろうが

同じ時代のように感じる浅はかを通り越しておバカなんだろうワタクシ

その差が2000万年もあるってのに、同じ時代のように感じるわけだからね。

織田信長が居た時代から…まだ500年くらいしかたってないのに(笑)

あと3000万年したら、キャ婆がいる時代も織田信長のいる時代も”同じ時代”に

なるんだろうねぇ~って思いながら打っているんだけども、ちょっと(・∀・)ニヤニヤ

ずっと身に着けておきたいけども溶けちゃいそうだし傷付きやすいだろうからね

たまに自慢げにするのも悪くない!

(見たいから誰か買って)

愛しのラリマーと同じ産地はドミニカ共和国(〃▽〃)

ビビビっときたかたは mail☆one-wan-1.com まで♪

涼し気に波しぶきを撮りたいと思ってね‥勇んで岬の突端まで行ったのよ

そしたらね…あたりは霞んでいて( ノД`) 波が霞んでハッキリ撮れない

岩場を登り、カメラを変えて(想像して…デブ婆が岩場を登りカメラ二台背負ってます)

出来るだけ下から(笑)撮ってやっとこれだけども、タイミング悪いな。。。おぃ

視線を感じて上に目をやると・・・・・

ウミネコさんがじっと‥‥見てましたね…

「あのデカい物体‥‥何してんだ?」って聞こえてくる気がしません?(〃▽〃)

実はココ‥‥

千葉県の突端、本州最南端?なのかな?

最南端にある有名な白いベンチです(笑)

夏休みに入ったからでしょう…次から次にここで自撮りする人がいて

列をなしているので、遠巻きから観察していたのですが

中々ベンチだけを撮るというのが難しい。。って思ってた瞬間画像です(大げさ

絶景 朝日と夕陽の見える岬  ←と書かれています

朝日なのに夕陽?と‥岩場にしがみついて思っていたキャ婆です

日?陽? そこっ!?

このベンチを入れてカメラ小僧(おじーおばー)達は夜な夜な天の川を撮るのです

キャ婆は残念ながら予定があって今回は長居できませんでしたが。

また機会があったら、ここで天の川を撮ってみたいな~(^^)/

今日の関東地方は涼しくて良いのです(〃▽〃)

行楽地はきっと混むんでしょうね~…皆様色んなことに気を付けてね♪

来週から酷暑再来ですので、今のうちに体を休めるのもいいよね。

引きこもり婆は今日も皆さんの幸せを必死こいてティンティンモクモクと

お祈りしております(〃▽〃)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA